TOPページ

2025年版全国公立高校1000校選定作成履歴

全国の中堅公立高校一覧 全国公立高校ランク表

令和7年度 公立高校中堅校大全集

全国3455公立高校 公立高校1000校→ 九州沖縄 中国四国 関西 東海山梨 首都圏 北陸信越北関東 東北北海道
ランク決定方法指針 2024年版作成履歴 2023年版作成履歴 2022年版作成履歴 2021年版作成履歴 2020年版作成履歴
進路実績公開についてのお願い
公開資料には「令和5年度」表記のものと「令和6年度」表記の資料が混在しており統一されていない状態にあります。 「2024年度」表記であるか「令和6年度」表記であるかの違いは問題となりませんのでお気になさらずに、 基本中の基本だけは必ず承知していただきますようお願い申し上げます。
 
  • 「令和6年度」とは令和6年度大学入試の略です。これはほぼ100%です。
  • 「令和5年度」とは令和5年度卒業生の略です。

  •  
    令和6年の春に令和5年度卒業生が令和6年度大学入試を受験したわけです。 浪人実績も公開できるのなら公開したほうが好ましいのでしょうが、その場合は大学入試年度で統一するよう心がけましょう。 なぜなら浪人生にとって令和5年度は何も関係がないからです。彼らは2022年度以前の卒業生で2024年度の入試によって大学に合格しただけです。 進路状況や進路結果とした場合は、浪人を含めず現役生のみの実績を記載し卒業年度表記にした方がよいかと思います。
    大学入試年度だけは間違えないよう注意しましょう。すべての高校で高校入試についても案内をしているはずですが、 高校入試の年度を間違えることは絶対にありえないわけです。それと同じように新大学1年生は新高校1年生と同じ年度になるのだと認識ください。 また、公的資料には作成した年月日を記載すべきと考えます。ご賛同いただければ幸いです。
    稀にですが、前年度に比べて成績が芳しくない場合には公開を遅らす、最悪の場合だと公表しないということが見受けられます。 これらの行為は例えるなら、野球や剣道の試合後に礼をしないのと同じくらい非礼な行為であると追及したくなります。 試合に負けたからといって不貞腐れるているのと同様で非常にみっともない行動ではないでしょうか。
     

    更新メモ

    2024年6月の作業記録
    ※和歌山県はすべての進学校が公開済み

    6月4日大阪京都滋賀香川岡山広島島根埼玉2回目確認

    ※広島県はすべての進学校が公開済み(5月中に達成されていた可能性あり)
    ※島根県は松江東高校と大田高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※埼玉県は松山高校と和光国際高校を除きすべての進学校が公開済み

    6月4日Sランク高校64校決定。当確争い校は以下の通りです。

  • 福岡
  • 向陽
  • 加古川東
  • 三国丘
  • 旭川東
  • 宮崎西
  • 洛北
  • 山口
  • 高崎
  • 松本深志
  • 長崎西
  • 長野
  • 城東
  • 小倉
  • 基町
  • 大手前
  • 毎年恒例となっていた松本深志の総合判断落ちが解除され、長野高校と逆転することになりました。 徳島県の城東は64位に総合判断でギリギリで入れると予測して、5月の初期段階からSランク昇格としていましたが、 毎年当確争い上にいた愛知県の向陽が想像以上に抜き出ていたため、そちらが昇格確定となり、 関西勢とのランク入り争いのため一時保留となりました。 三国丘も当確線上であったため、大手前だけAランク維持させるのはどうなのかと色々考えましたが、 大手前が中々実績を公表せず、例年の公開印象も好くないため見切りをつけることにしました。 旭川東は総合判断落ち予定でしたが、旭川北が2年連続でAランクとなったため、旭川北のおかげで順当にSランクとなった次第です。 ちなみに旭川北の実績は旭川医科大学の闇指数判定にも影響を及ぼし、弘前医と同じ格付けAランク降格の回避にも貢献しています。 昨年ボロクソに言ってしまった時習館は遥か上に行ってしまいました。

    6月5日愛知静岡三重2回目確認

    ※三重県は四日市南高校と神戸高校を除きすべての進学校が公開済み

    6月11日東北地方石川福井3回目栃木長野富山2回目確認

    ※青森県は弘前南高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※山形県は東桜学館高校と山形中央高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※宮城県は仙台二華高校と気仙沼高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※福島県は会津高校と磐城桜が丘高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※長野県は野沢北高校と松本蟻ヶ崎高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※石川県は七尾高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※福井県は若狭高校を除きすべての進学校が公開済み

    6月14日中国地方四国3回目確認

    ※鳥取県はすべての進学校が公開済み
    ※島根県は松江東高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※岡山県は岡山朝日高校と新見高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※香川県は三木高校と小豆島中央高校を除きすべての進学校が公開済み(高松高校確認漏れ)

    6月16日九州沖縄3回目確認

    ※長崎県は五島高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※熊本県は熊本高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※宮崎県は延岡高校と小林高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※沖縄県は那覇高校と八重山高校を除きすべての進学校が公開済み
    2024年5月の作業記録

    5月1日中国四国暫定版を作成しました。

    ※徳島県は阿波高校を除きすべての進学校が公開済み

    5月1日北陸信越北関東暫定版を作成しました。

    ※茨城県は竜ヶ崎第一高校を除きすべての進学校が公開済み

    5月2日九州沖縄暫定版を作成しました。

    5月4日東北北海道暫定版を作成しました。

    5月7日東海山梨暫定版を作成しました。

    ※岐阜県は岐阜高校を除きすべての進学校が公開済み
    トップページタイトルを令和7年度暫定版に変更

    5月9日首都圏暫定版を作成しました。

    5月11日関西暫定版を作成しました。

    ※和歌山県は橋本高校を除きすべての進学校が公開済み

    5月14日有名私立大学附属高校一覧を更新しました。

    メモ:私立女子校高校募集ありは公開率があまりにも酷すぎるため、来年以降は昨年を踏襲して5月末日以降に確認を行う。

    5月19日茨城石川福井岐阜山梨徳島高知愛媛鳥取2回目確認

    ※茨城県はすべての進学校が公開済み(徳島県の阿波高校がDランク以上であれば4年連続首位)
    ※岐阜県はすべての進学校が公開済み
    ※高知県はすべての進学校が公開済み(高知丸の内と安芸高校次第なので暫定)
    ※山梨県は甲府昭和高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※石川県は七尾高校と金沢錦丘高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※福井県は若狭高校と武生東高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※愛媛県は今治西高校と松山南高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※鳥取県は米子東高校と倉吉東高校を除きすべての進学校が公開済み

    5月26日山口鳥取県2回目確認

    ※山口県はすべての進学校が公開済み(5月19日時点で達成されていた可能性あり)
    ※鳥取県は倉吉東高校を除きすべての進学校が公開済み(後日追記)

    5月29日東北北海道2回目確認

    ※秋田県は大館鳳鳴高校を除きすべての進学校が公開済み
    メモ:北海道はやる気がないので確認省略可

    5月30日九州沖縄2回目確認

    ※長崎県は長崎北高校と五島高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※熊本県は熊本高校と必由館高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※鹿児島県はすべての進学校が公開済み(6/11-15確認漏れ修正)
    メモ:福岡県もやる気がないので確認省略可

    5月31日群馬新潟2回目確認

    ※群馬県は太田東高校を除きすべての進学校が公開済み
    ※新潟県は高田北城高校と長岡向陵高校を除きすべての進学校が公開済み

     

     

    - 2024年5月1日新設 - 2024年6月16日更新 -  TOPページ