TOP

学費が高い私立大学理系学部


法政大学機械工学科航空操縦学専修高等操縦実習T・U・V選択  (2815万円)
桜美林大学航空・マネジメント学群フライト・オペレーションコース  (2617万円)
崇城大学宇宙航空システム工学科航空操縦学専攻  (2358万円)
帝京大学航空宇宙工学科ヘリパイロットコース  (1780万円)
法政大学機械工学科航空操縦学専修  (1215万円)
東海大学航空操縦学  (715万円)※訓練宿泊費で別途約1500万円
1位 玉川大学  (704万円)

2位 早稲田大学  (703万円)
3位 青山学院大学  (693万円)
4位 上智大学 (689万円)
5位 慶應義塾大学  (685万円)
6位 同志社大学 (672万円)
7位 関西大学  (670万円)
8位 関西学院大学  (669万円)
9位 日本大学  (666万円)
10位 明治大学  (664万円)

4年間の総額はおおよそのものです。初年度納入金×4−(入学金×3)で算出するよりも高額になるのが最近の傾向です。 早稲田や関西学院は50万円前後ほど違ってしまうことを確認していますが、他の大学では見落としている可能性があります。 理系なら国公立大学に行きましょうという啓蒙活動の一環で作成したので、 実際に私立へ進学することになりそうな受験生は各自詳細をご確認ください。

中央大学  (663万円)

立教大学 (656万円)
芝浦工業大学 (655万円)
法政大学 (647万円)
学習院大学 (646万円)
立命館大学 (646万円)
龍谷大学 (642万円)
東邦大学 (638万円)
甲南大学 (633万円)
成蹊大学 (630万円)
近畿大学 (630万円)
金沢工業大学 (626万円)
千葉工業大学 (621万円)
北里大学理学部 (620万円)
大阪工業大学 (616万円)
東京都市大学 (616万円)
東京電機大学 (615万円)
大阪電気通信大学 (609万円)
京都産業大学 (606万円)
関東学院大学 (606万円)
工学院大学 (605万円)
東京工科大学 (598万円)
神奈川工科大学 (590万円)
中京大学 (586万円)
東京農業大学 (584万円)
中部大学 (581万円)
国士舘大学 (578万円)
九州産業大学 (576万円)
北里大学海洋生命 (575万円)
東京理科大学 (574万円)
東海大学 (565万円)
東洋大学 (563万円)
愛知工業大学 (561万円)
神奈川大学 (556万円)
湘南工科大学 (544万円)
日本女子大学 (526万円)
福岡工業大学 (522万円)
名城大学 (518万円)
南山大学 (474万円)
津田塾大学 (473万円)
豊田工業大学 (312万円)

私立大学理系は学費が高い

この一覧にある50大学の平均は606万円です。航空機系学科は平均算出に含まれておりません。 金額の調査はおもに2020年12月に行っていますので、2023年入学者は多少の上乗せが予想されます。 私大理系(昼間部)の平均額4年間は約542万円と言われていますが、首都圏の受験生は差額を覚悟する必要があります。

※東洋大学は赤羽の情報連携学部ですと33万円高くなりますが、川越の総合情報学部ですと42万円安くなります。
※大阪工業大学の金額を訂正いたしました。

国立大学は4年間で242万円です。

公立短大だともっと安い

会津大学短期大学部 (127万円)

国立高等専門学校の学費

google検索強調スニペットによりますと5年間で90万円だそうです。

※医歯薬獣医医療系は対象外で看護学部は別個にランキングを作成してあります。

国立高等専門学校   看護大学学費ランキング
 

 
公立高校総数3489校 上位1000高校の詳細→ 九州沖縄 中国四国 関西 東海山梨 首都圏 北陸信越北関東 東北北海道  公立大学学部一覧
有名私立大学100 Dランク大学まとめ Eランク大学100 難関私立15大学学部一覧 首都圏中堅私立大学18校 国立大学学部一覧

- 2020年12月8日新設- 2022年10月5日玉川龍谷神奈川等9大学追加更新- TOP