TOPページ

少子化日本 出生数の推移

各年度男女別出生数
出生数 男子 女子 高校入学年度
1,190,547 平成12年 (2000) 612,148 578,399 平成28年度入学
1,170,662 平成13年 (2001) 600,918 569,744 平成29年度入学
1,153,855 平成14年 (2002) 592,840 561,015 平成30年度入学
1,123,610 平成15年 (2003) 576,736 546,874 平成31年度入学
1,110,721 平成16年 (2004) 569,559 541,162 令和2年度入学
1,062,530 平成17年 (2005) 545,032 517,498 令和3年度入学
1,092,674 平成18年 (2006) 560,439 532,235 令和4年度入学
1,089,818 平成19年 (2007) 559,847 529,971 令和5年度入学
1,091,156 平成20年 (2008) 559,513 531,643 令和6年度入学
1,070,035 平成21年 (2009) 548,993 521,042 令和7年度入学
1,071,304 平成22年 (2010) 550,742 520,562 令和8年度入学
1,050,806 平成23年 (2011) 538,271 512,535 令和9年度入学
1,037,231 平成24年 (2012) 531,781 505,450 令和10年度入学
1,029,816 平成25年 (2013) 527,657 502,159 令和11年度入学
1,003,539 平成26年 (2014) 515,533 488,006 令和12年度入学
1,005,677 平成27年 (2015) 515,452 490,225 令和13年度入学
976,978 平成28年 (2016) 501,880 475,098 令和14年度入学
946,065 平成29年 (2017) 484,449 461,616 令和15年度入学
918,397 平成30年 (2018) 470,849 447,548 令和16年度入学
865,234 令和元年 (2019) 443,430 421,804 令和17年度入学
840,835 令和2年 (2020) 430,713 410,122 令和18年度入学
令和3年 (2021) 令和19年度入学
※2020年の確定値は2021年9月10日に人口動態総覧で公表されました。概数値より3名増加しています。男女別の人数を追記しました。
※2021年6月4日厚生労働省発表による2020年の概数値は84万832人でした。推計値を公表していなかったため速報値累計872,683人からの修正となります。
※2020年6月5日厚生労働省発表による2019年の概数値は86万5234人でした。昨年同時期の概数値より約5万3千人減少しています。
※2019年12月24日厚生労働省発表による2019年の年間出生数推計値は86万4000人です。昨年同時期の推計値より5万7000人減少しています。
※2019年6月7日厚生労働省発表による2018年の概数値は91万8397人でした。昨年同時期の概数値より約2万8千人減少しています。
※2018年12月21日厚生労働省発表による2018年の年間出生数推計値は92万1000人です。昨年同時期の推計値より2万人減少しています。 推計値で確定した場合は昨年度より2万5000人減少することになります。
※2017年の確定値は2018年9月7日に人口動態総覧で公表されました。概数値より男子3名増加、女子2名増加しています。
※2018年6月1日厚生労働省発表による2017年の概数値は94万6060人でした。昨年同時期の概数値より約3万人減少しています。
※2017年12月22日厚生労働省発表による2017年の年間出生数推計値は94万1000人です。昨年同時期の推計値より4万人減少しています。
※2016年の確定値は2017年9月15日に人口動態総覧で公表されました。概数値より男子3名減少、女子2名増加しています。
※2017年6月2日厚生労働省発表による2016年の概数値は97万6979人でした。
※2016年12月22日厚生労働省発表による2016年の年間出生数推計値は98万1000人です。
※2015年の確定値は2016年9月8日に人口動態総覧で公表されました。概数値より21名増加しています。
※2016年5月23日厚生労働省発表による2015年の概数値は100万5656人でした。
※2016年1月1日厚生労働省発表による推計値は100万8000人でした。
※2014年の人口動態統計概数値は2015年6月5日に発表されました。確定値との誤差は7人でした。

2021年出生数速報値(2020年2019年出生数) 月別
2021年 増減 2020年 増減 2019年
63,742 1月 -10930 74,672 -1847 76,519
59,789 2月 -6850 66,639 -645 67,284
69,446 3月 -1689 71,135 -569 71,704
70,582 4月 -2704 73,286 +2148 71,138
70,439 5月 -1501 71,940 -7754 79,694
71,031 6月 -2006 73,037 -157 73,194
74,263 7月 -2522 76,785 -2272 79,057
8月 75,724 -2857 78,581
9月 75,843 -786 76,629
10月 74,846 -2495 77,341
11月 69,494 -3263 72,757
12月 69,282 -5420 74,702
※2021年8月の速報値は、約55日後の10月25日頃に発表される予定です。公表され次第更新します。
 

(外部リンク)
東大院教授「早生まれの不利は大人まで続く」研究結果発表 NEWSポストセブン
20年上半期の出生数43万709人に 00年以降最少、少子化加速か 毎日新聞
日本の子ども、幸福度が最低水準 ユニセフの38カ国調査 一般社団法人共同通信社
コロナで妊娠届11%下落 来年の出生数、大幅減少へ 東京新聞
来年の出生数80万人割れも…妊娠届、コロナ禍の5月以降減少 読売新聞オンライン
医療機関の出産の予約数 前年同期比31%減 コロナ影響も調査へ NHK
コロナ危機がもたらす将来人口への影響 ニッポンドットコム
去年の妊娠届受理 前年比4.8%減 過去最少か|NHK 首都圏


 
公立高校総数3522校 上位1000高校の詳細→ 九州沖縄 中国四国 関西 東海山梨 首都圏 北陸信越北関東 東北北海道
全国の公立高校学区数 関東地方の公立高校定員割れ 大学進学率の変遷 国立大学の学費高騰の歴史 47都道府県別大企業に就職できる割合

- 2016年5月11日新設 - 2021年9月21日更新 -  TOPページ